<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

書籍『幕が上がる』

  • 2012.12.20 Thursday
評価:
平田 オリザ
講談社
¥ 1,365
(2012-11-08)
コメント:高校演劇部の部長 兼 演出家になった少女を主人公にした青春小説ですが、役者や演出家を目指す方が読んでも参考になると思いました。

先日、朗読劇『THANATOS』を観に行った帰りに、劇場と同じ建物内にある本屋さんに入りました。
特に欲しい物があった訳ではなく、ロゴが可愛かったのでフラッと立ち寄り、
何気なく手に取った本が、コレ。

劇作家・演出家の平田オリザさんの『幕が上がる』。

とある高校の演劇部が全国大会を目指す物語で、 3年生に上がって部長になり、演出も担当することになった女の子を中心に、
東京で女優をしていたという新任の副顧問の教えを受けつつ奮闘する、若者群像劇です。
私はこれは、演出家が育っていく物語だと思いました。
また、演出家の仕事を知ることによって、役者は演出家とどう付き合っていくべきか、
ということを教えてくれる物語でもあると。

この本を読みながら、以前、ある先生がこう仰っていたのを思い出します。
「演出家をトレーナーにしてはいけない。役者が役者としてやるべきことを自分達でやらなかったら、演出家はトレーナーとして役割をせざるをえなくなり、演出に手が回らないまま疲弊していってしまうから。」
私は何回か舞台を踏むまでこれを理解できなかったのですが、この物語の主人公の演出家(の卵)を追いかけることで、それを理解する手助けになる気がしました。
この物語の中で、この演劇部は『銀河鉄道の夜』を骨格として、旅の途中に自分達自身のエピソードをちりばめた作品を作り出し、取り組んでいきます。
この劇中劇のシナリオは部分的に書かれているのですが、全部読んでみたいと思うような作品でした。

だから、平田オリザさんが作・演出された『銀河鉄道の夜』(2012.11.30-12.02 AI・HALL自主企画 青年団『銀河鉄道の夜』 平田さんのインタビュー記事はコチラ)も見ておきたかったですが、私がこの本を読んだのは上演が終わってからなので、後の祭り…。

ところで、この本を買う時、私がバッグからお財布を発掘するのに手間取っていたため、
「カバーは結構です」と言おうとした時には既に1冊目にカバーがかかっていました。
他の2冊は遠慮しようと思ったのですが、包装紙が可愛かったので、そのままカバーを付けて頂いちゃいました。
タロー書房さん、素敵な本と出会わせて下さってありがとうございました。


読んじゃいました

  • 2010.09.05 Sunday
  ご機嫌いかがですか?更紗です。
 読み終わってしまいました。『のはなし にぶんのいち〜キジの巻〜』。今度こそゆっくり読もうと思っていたのに、無理でした。

-----
JUGEMテーマ:エッセー・紀行文


評価:
伊集院 光
宝島社
¥ 500
(2010-04-06)
コメント:クスッとなる話、爆笑な話、ホロリとなる話・・・著者の手の上で、面白いようにコロコロと転がされてしまいます。読み終わりたくなかったな。


マインドマップ

  • 2010.09.04 Saturday
  ご機嫌いかがですか?更紗です。
 先日、実家に一泊だけしてきました。向こうは朝晩は涼しくて、本当に快適。風の通り道、犬が寝ている横で強引に二度寝をしていたら(犬の居るところ=涼しい)、犬の方が根負けして場所を譲ってくれました。ひどい飼い主です(汗)。

 そして今日は打ち合わせ。
 事前に出されていた宿題はは少し難しくて、今のプロジェクトについて、基本軸が何なのか、枝葉の部分でどんな展開が出来るのか、それをマインドマップで表してくるというもの。
 マインドマップって、何??
 マインドマップについて学習しつつ、さらにプロジェクトについても整理するという、二重の課題・・・。半泣きで(?)調べましたよ、マインドマップ。といっても、難しい事は分からないので、以前買ったまま「積読(ツンドク)」してあった、『図解 フィンランド・メソッド入門』を慌てて読みました。

 マインドマップ自体は、トニー・ブザンというイギリスの方が考案した思考法だそうです。中心にテーマを書き、それに関する質問や答えをその周りに放射状に書き込んでいく方法です。(もっと詳しい事を知りたい方は専門書をあたって下さいね。)
 フィンランドの教育では、発想力を鍛えるために、この方法を授業に取り入れているそうです。
 また、フィンランドでは、授業中に必ず「ミクシ(どうして?)」と聞くそうです。考えの根拠を明らかにさせるためであり、自分の回答を客観的に見られるようになるための訓練になるとか。そうやって、論理的な思考力が養われていく訳ですね。

 フィンランドの小学生に倣って、マインドマップはどうにか完成。打ち合わせも無事に終わりました。勿論、場面場面で最適な方法は違うと思いますが、マインドマップ、面白かったです。
 そして、今回の教訓。読まない本は役に立たなくても、「積読」は役に立つ事もある(笑)。

 まだ何もお話しする事は出来ないのですが、この企画が実現して、みなさまのお手元に届けられる日が、早く訪れますように。
 それでは、また。
-----
JUGEMテーマ:ビジネス


評価:
北川 達夫,フィンランドメソッド普及会
経済界
¥ 1,500
(2005-10)
コメント:グローバル・コミュニケーション能力が高いフィンランド人が受けている教育を優しく解説してあります。大人でも、自分の考えを整理したいときや、誰かと話す時に、取り入れていったら面白そうなことが沢山。


左肩とハモネプ

  • 2010.09.01 Wednesday
  ご機嫌いかがですか?更紗です。
 昨日はようやく整体に行って、左肩を診てもらいました。動かす方が良いのか動かさない方が良いのかも分からず、悶々としていたのですが、「ストレッチくらいなら、むしろした方が良い」と回答を頂いてスッキリしました。

 結局のところ、肩こりのひどいヤツのようです。ノートパソコンに向かっている事が多いせいでしょうか。ノートパソコンの普及とともに、そういう症状の方も増えているようですね。ノーtpパソコンをお使いの方はお気をつけ下さいませ。

 ハモネプを見ていたせいか、アカペラ熱に火がつき(←影響されやすい)、BGMのCDはRAG FAIR「RAGッ STORY」です。デビュー曲の「ラブラブなカップル フリフリでチュー」、すごく懐かしいです。でも、一番好きなのは、「Old Fashioned Love Song」です。切ないけど可愛い(?)です。
 歌えたり、楽器を弾けたりする人は、ほんとに楽しいだろうなと思います。憧れです。

 それでは、また。

-----
JUGEMテーマ:RAG FAIR




評価:
RAG FAIR,近藤金吾,財津和夫,奥村政佳,グ・スーヨン,引地洋輔,土屋礼央,加納孝政,光田健一,幾見雅博,武部聡志
トイズファクトリー
¥ 1,979
(2005-11-30)
コメント:ハモネプを見た後、懐かしくなって引っ張りだしました。今聞いても、ハーモニー、ボイパ、素晴らしい。


のはなし

  • 2010.08.30 Monday
  ご機嫌いかがですか?更紗です。
 昨日はしっかりコミティアに行ってきましたよ。ついでにコミックシティにも寄ってみました。スタッフさん、出店サークルさん、猛暑の中、お疲れさまでした。

 今日は本の話。

 タレントの伊集院光・著『のはなし にぶんのいち〜イヌの巻〜』

 帯の爆笑問題・太田光氏(←好き)の推薦文に惹かれてつい買ってしまいました。2冊出ていたのですが、とりあえず、太田氏の帯がついている方だけ(笑)。
 でも、もう1冊も買います!
 やはり話の上手い方は書くのも上手です。羨ましい。
 
 「のはなし」のタイトル通り、毎回「○○のはなし」というタイトルで綴られたエッセイ集。メールマガジンに連載していた物を厳選して収録、ということのようです。
 読み終わってしまうのがもったいないので、ちょっとずつ読もうと思ったのに、うっかり読み終わってしまいました。面白いんですもの。
 でも大丈夫、『のはなし にぶんのいち〜キジの巻〜』が私を待っている。

 それでは、また。

-----
JUGEMテーマ:エッセー・紀行文


評価:
伊集院 光
宝島社
¥ 500
(2010-04-06)
コメント:話し上手は書き上手。どの話もクスリと笑えます。著者が撮り貯めた写真も、着目点がユニークで笑えます。


ハチ

  • 2010.08.07 Saturday
  ご機嫌いかがですか?更紗です。
 毎日PCに向かっていない時には、明日はこれを書こう、こんなことを書いたらどうだろう、と考えていても、いざキーボードを叩いてみると全く違うことを書いています。世の中の皆さんはどうやって書いていらっしゃるのでしょう。慣れれば書けるようになりますか?

 昨夜はテレビで放送された『HACHI〜約束の犬〜』を見ました。知人から会う度に薦められていたので見なきゃ!と思っていたのですが(汗)。実家では犬を飼っているので、犬のことで泣くのが辛くて避けていたので、ようやくです。

 実家で飼っていた最初の犬はチョビと言う名前でした。チョビは忠犬とはほど遠い、頑固で我が儘な娘でした。チョビが12歳くらいの時、私の父が亡くなったのですが、彼女は居なくなってしまった父のことをハチのように覚えていたのでしょうか。端からは、特に待つ風でもなく、居なくても寂しさは感じていないようでしたが、心のどこかでは恋しく思い、待ち続けていたのかもしれません。

 映画は、おなじみの物語のアメリカ版でしたが、ハチが秋田犬だったからか違和感も無く見ることが出来ました。一カ所だけ、ハチが駅で主人を待ち続ける時間経過を表すシーン(ハチの背後の気の葉が枯れ落ち、生い茂り、また枯れ落ちるという合成シーン)だけが余計だと思いましたが、ハチの物語を初めて見聞きするアメリカの方には必要なシーンだったのかも、と勝手に納得しました。

 ハチ公物語はとても日本的な話だと思っていましたが、こうしてハリウッドでリメイクされるほど、欧米人が関心を寄せる物語でもあるのですね。『おくりびと』もそうですが、どこか日本の礼節とか、丁寧さ、慕い敬う心のようなものへの憧れがあるのかもしれません。日本人としても、忙しい現代社会にあっても、忘れたくない和の心が、この映画の中にもあると思いました。
 それでは、また。
評価:
---
松竹
¥ 2,952
(2010-01-27)
コメント:舞台をアメリカに移してもあまり違和感も無く、ハチの切ない表情に心うたれました。主演はリチャード・ギアですが、きちんとハチが主役の映画になっていました。


和に憧れる

  • 2010.08.05 Thursday
  ご機嫌いかがですか?更紗です。

 私は温かい飲み物の方が好きです。でも、この暑さの中、温かい物を飲むために部屋の冷房を強めるのもエコじゃないかも・・・と思い、冷たい物を増やしてみたところ、ちょっと体がダルくなってきてしまいました。異常気象の原因は人間の生産活動のせいかもしれませんが、エコ活動も一筋縄ではいきませんね。健康を損なわない程度に頑張ろうと思いました。

 さて、ブログも2日目。仮営業を脱出するべく、ブログの背景でも替えてみようかと思ったのですが、ソースが解読できずにちょっと挫折(涙)。本当はもう少し和風の柄にしたいのです。このところ和服に興味が出てきたので。
 興味が出てきたと言っても浴衣も一人で着られないので、今のところは和装の本を買ってきて眺めているだけですが、華やかで楽しいです。

 本を見ていると、和装は柄×柄の組み合わせがほとんどなのですね。洋装だと柄×柄は難易度の高い組み合わせですが、それを事も無げにやってしまう和服はすごいと思いました。勿論、スタイリストさんのセンスあってのことですが、花柄×花柄、格子柄×花柄など素敵な組み合わせが沢山ありますね。少しずつ勉強して、いつか素敵に着物を着こなしたいです。

 この夏は浴衣を買ってみようと思っていたのですが、無精しているうちに夏が半分以上過ぎてしまいました。でも今年は暑いから、秋口まで着られるでしょうか。もし購入したら、写真をアップしますね。
 それでは、また。
評価:
弓岡 勝美
ピエ・ブックス
¥ 2,940
(2005-07-31)
コメント:柿色、萌葱色、牡丹色など、日本の色に基づいて美しい着物や帯が紹介されています(表紙の写真は朱色の着物)。着物の美とともに、色にこんなに素敵な名前がついていたのかと、日本人の感性の豊かさに感動しました。


1

Search

New Entries

Recent Comment

Categories

Archives

Profile

Links

mobile

qrcode

Others

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM