<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

鑑賞『One Night Collaboration 〜田中公平&石井一孝〜』

  • 2013.01.28 Monday
今回はちょっと変わりダネ。

『サクラ大戦』や『One Piece』など数々の有名アニメ等の音楽を担当されている田中公平さんと、ミュージカルなどでご活躍の俳優・歌手の石井一孝さんのコラボライブに行って来ました。

ミュージカル曲、田中さんが作られたアニメ関連の曲、石井さんが個人で発表されている曲などたっぷり14曲(内1曲は6曲から成るメドレー)。
そしてたっぷりトーク(笑)。お二人ともとてもチャーミングな男性でした。
バンドは、ドラム、ベース、ギター、キーボード・ピアノ、サックス・フルート、そして田中さんが弾くピアノ、という構成。アレンジもとてもカッコ良かったです。

最初から最後まで大盛り上がりのライブ。
田中さんが作られた曲は耳になじみのある物ばかりですが、田中さんの歌を聴いたのは初めてだったので、そちらもレアな体験でした。
田中さんはちょっとハスキーで深みのある素敵なお声。
石井さんは、シャープなのに広がりのあるパワーボイスでした。

とても楽しい2時間でした。
音楽ってやっぱりスゴイ!

今回のチケット、私はプレイガイドで購入してコンビニで発券して貰ったのですが、コンビニ発券のチケットを提示すると、石井さんのファンクラブで発行しているチケットも頂けるというサービスがありました。
味気ないチケットよりは断然こちらの方が素敵。
嬉しいお計らいでした。


---
『One Night Collaboration 〜田中公平&石井一孝〜』
2013.01.27(Sun)
@草月ホール(草月会館B1F) ※地図
詳細情報はこちら↓石井一孝公式サイト
http://www.kazutakaishii.com/live.html
---

体験『ワークショップ 仮面を作りましょう3』

  • 2012.11.12 Monday
タイトルをご覧になっても、何のことやら…と思われますよね(笑)。
でも、文字通り、仮面を作るワークショップに参加させて頂きました。

姫系イラストレータの白ふくろう舎さんが主催されているワークショップで、
仮面の素体(っていうのかな?)に、思い思いにデコレーションしていくというものです。

会場は、西荻窪のニヒル牛2さん。
いろいろな作家さんの作品が展示・販売されている不思議でワクワクするお店でした。

ブログを書くのは、自分で写真をちゃんと撮ってから…
なんて思っていたのですが、なかなか綺麗に取れないので、
写真は後で差し替えるとして、とりあえず文章だけ…(スミマセン)。
※2012.11.16写真差し替えました

下記、関連記事に上げさせて頂いた、白ふくろう舎さんとニヒル牛2さんのブログで、
素敵な写真が沢山見られますので、取り急ぎは、そちらを(大汗)。

だいたいの説明を講師役でのある白ふくろう舎さんから受けた後は、フリーダム。
「この花を付けるにはどの接着剤が良い?」
「色味を足したいが、どんな素材を使うのが良い?」など、
聞きたいことを聞きながら作るというスタイルなので、
わりと黙々と、ご用意頂いている素材や、自分で持ち込んだ素材を塗ったり貼ったり…。
(特に私は口と手は片方しか動かせないので無口度高し!)

説明の時に「仮面づくりは足し算なので」と仰っていた通り、
もし間違えてしまったとしても、上から塗ったり貼ったりすれば大丈夫なので、
縫い目や編み目を解くような後戻り感が無く、ポジティブに作れます。
また、用意して頂いたペーパーナフキンやシールを貼るだけでも良いので、
絵が描けない私でも安心。

そして、自分以外の方が用意して下さった素材を使うので(自分でも素材は持ち込んでいますが)、
自分でも思わぬチョイスをするのが自分でもとても面白い。
今回、私は黒のレース生地を持ち込んでいたのですが、
仮面の片側をピンクに塗るというのは予想外でした。
自分の深層心理が反映されるようで、箱庭療法みたい!?

黒のレース生地でベールのように片目を覆うというのはイメージにあったのですが、
お喋りしているうちに、ベールを上げた状態との2way仮面になりました。
(未亡人ver.と幸せ新婚ver.とでも言いましょうか…?)
そんな楽しい化学反応もあります。



そして、ニヒル牛2の石川さんが淹れて下さった美味しい紅茶と、
Patisserie chimmieさんのワークショップ特製のお茶菓子でティータイム。
お菓子のパッケージは白ふくろう舎さんの作品。
(でも、お菓子は食べてしまうのが惜しくて、そのままお持ち帰り…)
※2012.11.16写真は後日撮影したものです



最後にお店の前で仮面を付けて写真を撮って頂いたりと、
非日常感たっぷりの素敵な一時を過ごさせて頂きました。
皆様、ありがとうございましたo(^▽^)o

---
◆関連サイト
・白ふくろう舎公式サイト:
http://www.46296.com/
・ニヒル牛、ニヒル牛2公式サイト:
http://nihirugyubook.but.jp/nihirugyu.html
・Patisserie chimmie公式ブログ:
http://ameblo.jp/uta-1999/
◆関連ブログ記事
・『白ふくろう舎Special』:
http://blog.46296.com/
「「仮面を作りましょう?」ワークショップ終了しました。ありがとうございました!」
・『ニヒル牛 石川あるの紹介日誌』:
http://blog.goo.ne.jp/nihirugyu
「仮面を作りましょう」
---

2012.11.16追記:
私が撮った写真があまりにもアレだったので、撮り直して差し替えました。
ホントはもう少し素敵で、もっと美味しそう(事実、とても美味)なのですが、
このくらいで勘弁してください(涙)。

後日、一人ティーパーティーをしたところ、
頂いたお菓子は風味豊かですごく美味しかったです。


実は、このワークショップ、昨年も参加させていただいたのですが、
その時に作ったのはこちらの水色の仮面。
図らずも、対の仮面になりました。

鑑賞「科学で体験するマンガ展」

  • 2012.10.15 Monday
秋の空は綺麗ですね。
でも、日中はまだ暑いので、着るものに困ってしまいます。

今日は招待券を頂いていた展示会に行ってきました。
子供が苦手なので、夏休みを避け、土日を避けているうちに、
展示期間終了間近になってしまい、駆け込み鑑賞になってしまいました…(^◇^;)

会場はお台場の日本科学未来館。
各漫画と技術を組み合わせた体験コーナーが幾つかあり、
それぞれにインストラクターの方が付いているカタチ。

でも、最初は中の歩き方が分からなくて、ふらっと入ったのが鉄腕アトムのコーナー。
アトム誕生が、真ん中にアトム型の出っ張りがある壁に映し出されているのですが、
最後に正義の心を組み込んだところで、担当のお兄さんの一言。

「このままではアトムは完成しません。アトムー!と大声で呼んで下さい!」
えっ!(◎_◎;)なんですと!?
「僕も一緒に言いますんで、心折れないで、是非」
いやいや、折れるでしょ( ̄◇ ̄;)

でもこうなったらヤケクソです。
二人「(せーの)アトムーーー!!!」
意外と本域で叫んでしまい、お兄さんに苦笑いされました。

心折れそうな事態はまだまだ続きます。
Googleマップ上で、空飛ぶアトムを高田馬場からスカイツリーまで誘導させるコーナーでは、
1分間という時間制限にテンパリ(ゲームが下手なので)、
お姉さんの観光案内も聴かずに一直線にゴール!

所要時間13秒…急ぎ過ぎました…またもやお姉さん苦笑い…
やってもた_| ̄|○

これで終わりではありません。
ひみつのアッコちゃんの気分で変身してみるコーナー。
鏡に向かって(裏にカメラがあって顔を認識)、いくつかの選択肢から選んだ職業の名前をいうと
(文章の中の言葉を認識)、自分の顔がアッコちゃんの絵に合成されるのですが…
ここでまたまた嫌な予感…。

私「テクマクマヤコンからですか??」
お姉さん「はい。今、他に待ってるお客様も居ないので大丈夫ですよ。」

そ、そうですか…やっぱりね…(T ^ T)

私「テクマクマヤコンテクマクマヤコン、魔法使いにな〜れ!」
そして、観光地によくある顔をくり抜いた書割から顔を出したような写真が
出来上がったのでしたヽ(;▽;)ノ

他にもいくつかコーナーがあったのですが、三大恥ずかしエピソードをお送りしました……。

取り上げられていたマンガは、鉄腕アトム、ひみつのアッコちゃん、ドラえもん、怪物くん、サイボーグ009。

今時の子供ちゃん世代にも、子供ちゃんの親御さん世代にも、余り馴染みがないような気がして、
チョット引っかかりましたが、広々してたし、会場での撮影OKだったので、
ご家族でノンビリするには、このくらいで良かったのかもしれません。

最後は、鑑賞後の福引きで、館内レストランの割引き券が当たったので、
お代わり自由のナポリタンを1皿だけ食べる、という暴挙にwww
もう、踏みつけたポッキーのごとく折れまくった心には怖い物はないのでした。
でもナポリタン、美味しかったですよ\(^o^)/


上:巨大なススキとコスモス/下:広いお台場の空

---
「科学で体験するマンガ展」
2012.7.7(Sat)-10.15(Mon)
@日本科学未来館(お台場)
↓詳しくは公式サイトで
http://kagaku-maoga-ten.jp
---

鑑賞『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想』

  • 2012.06.05 Tuesday
太陽を隠した月はぐるっと巡って今度は地球の陰に入る…昨日は部分月食でした。
こうやって月も日も地球も回ってゆくのですね。

さて、昨日は珍しく美術館に出掛けてきましたよ。

『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想』ー 今回の目玉は「ほつれ髪の女」。
小さな絵で(図録によると24.7cm×21cm)、他の絵の下絵とも即興で描いたものとも言われているのに、圧倒的に美しかったです。
顔料を使って描くような大きな絵は複数の人で描き上げられているのですが、これはレオナルドの直筆(と言われている)。
柔らかくて慎ましやかなのに神々しい女性…自分の中の「これが理想の美女」というぶれのない基準が、迷いのないタッチから伺えます。
これが他の絵の下絵だとすると、これを受取ったお弟子さん達は、色を重ねて仕上げるプレッシャーと喜びはいか程であったかと思うのです。

今回の展示で面白かったのが、いろいろな人が描いた「モナ・リザ」「裸のモナ・リザ」などを並べてあったこと。
複製目的だったり、オマージュだったり、描かれた年代も手法も様々ですが、同じモチーフを描きつつも個性があって興味深い。
こんなにも愛されるモチーフは他にはないと思います。

でも、後から描かれた「モナ・リザ」はモデルとなった女性を見ながら描いている訳ではないので、自分を写した「モナ・リザ」が一人歩きしているのを知ったらどんな風に思ったかしら?なんて空想に浸りながら、絵を眺めてきました。

展示は今週いっぱいです。お早めにどうぞ。

---
『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想』
2012.3.31(土)-6.10(日)
@Bunkamura ザ・ミュージアム
↓詳しくはこちら 『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想』公式サイト
http://davinci2012.jp/
---

1

Search

New Entries

Recent Comment

Categories

Archives

Profile

Links

mobile

qrcode

Others

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM