<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Twitterって

  • 2012.06.18 Monday
大分間が空いてしまいました。サボっている間に梅雨入りです。
皆様お変わりありませんか?

もともとブログもあまり更新していないのですが、Twitterをやるようになってメールの返事も滞らせるようになってきました。
私みたいに広く浅く知りたい、そしてあまりマメでない人間にはTwitterはうってつけです。
自分の興味がありそうな分野の人をフォローしておけば情報はタイムライン(TL)に表示されるし、フォローしていない人のコメントもフォローしている人がリツイート(RT)してくれるので、情報の取得漏れが少なくてすみます。
何より、ブログやサイトだとひとつひとつ見て回らなければいけませんが、TwitterはTwitterだけみていれば事が済みます。より詳しく知りたい時だけ、リンク先に飛んだりWeb検索をかければ良いのです。

そんな感じで、Twitterに頼りがちだったのですが、実はTwitter人口ってそんなに多くないんですよね。
Twitterに慣れてしまうと、それだけであらゆる情報を網羅できている、他の人にも同じ情報が行き渡っている、と錯覚しがちです。

先日こんなことがありました。

とあるアーティストのイベントのチケット申し込みについて、公式ブログでアナウンスがありました。ところが、その申込先のEメールアドレスが間違っていたのです。
そのことが、事務所の公式Twitterと申し込みをしたフォロワーとのやりとりで発覚し、「情報が誤って記載されていた事・誤送信している人は申し込みメールを再送して欲しいという事」がTwitterではすぐにアナウンスされたのですが、公式ブログにお知らせが掲載されたのは、一晩明けてからでした。

即時性という点ではTwitterは有効だと思いますが、いくら公式アカウントからのツイートと言っても、時間とともにツイートは新しい情報で押し流されてしまいますし、Twitterユーザ以外には全く伝わりません。
それを言うならそもそも全員がネットを利用している訳ではないし、ネットを利用できる環境にない人だっているじゃないか…という話にもなりますが、そのアーティストが「ネットで情報を発信するよ」というスタイルをとっているのであれば、ネットユーザ以外の方はやはり自分でどうにかするしかないでしょう(友達に教えてくれるように頼んでおくとか)。
公式サイトやブログがあるのなら、第一報はTwitterで出すのはしかたないとしても、やはり速やかに同じ情報をサイトやブログに掲載するべきだと思います。

「Twitterユーザ=ネットユーザ、という訳ではない」ということを、何かしらのサービスを運営する人は肝に銘じておかなければなりません。
特に、今回の様に、訂正情報を流すような場合、情報が行き渡っていない事は信用問題にもなりかねないので。
「情報はTwitterでしか出しません」と宣言するか、Twitterユーザ=ネットユーザになる日が来るまでは、公式サイトや公式ブログは、必要最低限の情報だけでも更新していく必要があるでしょう。


まぁ、私は、この名前で仕事ができている訳ではないので、長文を書くときとお知らせを載せる時はブログ、「なう」な事柄や日常の些細な事はTwitterという極めて普通の使い方で、これからもやっていこうと思います。
気長にお付き合い下さいませ。



関連する記事
コメント
>ほたる様
私も最初は使い方が分からなくて、あまり使っていませんでした。
頻繁に使い出したのは3.11からです。情報が一番速かったので。
確かに、情報の質は様々で取捨選択が難しいですが…。
SNSを利用するか、利用するとしたらどのSNSを使うかは好みに合わせて決めるのがいいと思います。
  • 更紗
  • 2012/06/21 8:24 AM
Twitterって
たまに気まぐれで鈴木杏ちゃんのを覗く程度。自分では、やってません。
なんだか良くわからないのと情報に振り回されそうで、
食わず嫌いかな?
  • ほたる
  • 2012/06/20 10:47 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Search

New Entries

Recent Comment

Categories

Archives

Profile

Links

mobile

qrcode

Others

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM